メールでのお問い合わせ、ご相談はこちら→info@revive-jp.com    プライバシーポリシー    サイトマップ      会社概要


閉店をお考えの経営者様↓ テナントをお探しの家主様、不動産業者様↓ 自分のお店を査定してみよう!↓
・解約予告を出す前にご相談下さい。飲食店の居抜き店舗なら高く売却できる可能性があります。 ・弊社に物件情報をお寄せ頂ければ無料でテナント候補様を紹介させて頂きます。 ・結局自分の店舗はいくらで売れるの?という方。こちらの6つの質問にお答え頂くだけでおおよその目安を知ることができます。
資金調達の不安はこれで解消!

自己資金が不足している。銀行や公庫融資が希望どおりに下りない。なるべく手元に現金を残して開業したい。そんなご希望かなえます!

【ご登録フォーム一覧】 3ヶ月以内に東京へ進出したい↓

TOPへ戻る

メニュー Q&A

















【店舗買取救急隊】


Q1.いくらぐらいの価格で売却できますか?                                    

A1.個別の物件により異なりますが、おおむね300万円が一つの壁です。造作価格が300万円を超えると、成約率や成約スピードがかなり落ちます。
   新たなオーナー様は、繁盛店をM&Aでそのまま引き継ぐ等の場合ではない限り、厨房内はほぼそのままでも、客席部分の内装はどんなに新しくてもリニューアルしてイメージを一新したいとお考えのオーナー様が多いためです。


Q2.厨房設備の一部をリース契約で利用していますが、造作売却時にはどうしたら良いですか?   

A2.いったん現借主様に買い取って頂いて、それを新たな借主様に売却するか、リース会社の審査が通れば、新たな借主様にリース契約も引き継いでもらうことも可能です。

Q3.案件として登録されてから売却が成立するまでどのぐらいの期間がかかりますか?

A3.一概には言えませんが、平均して10日〜14日ぐらいは問い合わせ、内見が続き、その後の契約(売却成立)になりますので、2週間〜3週間程度がひとつの目安となります。ただし、早いものでは7日ほどで契約成立してしまう場合もありますし、遅いものでは3ヶ月以上かかる場合もあります。

Q4.どのぐらいの確率で売却できますか?

A4.これも一概には言えませんが、平均すると80〜90%ほどです。ただし、この数字はオーナー様の意向により、適正な価格を無視して造作価格を設定した案件も含まれていますので、適正な価格設定をすれば、この確率はもっと向上します。

Q5.他社に売却を依頼し、インターネットで物件を公開してもらっているようですが、なかなか決まりません。引き受けてもらえますか?

A5.他社に依頼しても営業マンがなかなか動いてくれない。レスポンスが悪い。はじめは調子の良いことばかり言っていたが一向に内見も無い。というような声は、よくお聞きします。また、大手の会社では経験2〜3年程度の営業マンでは困難な案件は、放置されてしまう傾向にあるようです。弊社では業界15年以上の代表が責任をもって直接全案件のサポートしますので、大手の会社ではなかなか決まらないような案件でも、喜んでお引き受けいたします。



【M&A】
Q1.M&Aでよく聞くアドバイザリー契約とは何ですか? 
                                     
A1.M&A仲介会社と企業や事業を買いたい、または売りたいという会社(以下、当該会社という)との間に結ぶ契約で、仲介会社が案件の紹介や交渉をして契約に至った場合、その支払い対価(成功報酬)などについて、あらかじめ定めておく契約です。

Q2.デューデリジェンス(買収監査)とは何ですか?

A2.買い手側と売り手側で基本合意契約を締結した後、買い手側が売り手側の提示した資料やトップ面談などでヒアリングした内容に間違いが無いか、またはリスクがないかを、自社の会計士や税理士さん等と一緒に調査することです。買い手側の一方的な作業では無く、売り手側もスムーズに監査がすすむように協力して頂く事が不可欠です。



その他のご質問はこちらから↓

メールフォームから問い合わせる





Copyright (C) 2014 Revive Corporation. All Rights Reserved.