メールでのお問い合わせ、ご相談はこちら→info@revive-jp.com    プライバシーポリシー    サイトマップ      会社概要


閉店をお考えの経営者様↓ テナントをお探しの家主様、不動産業者様↓ 自分のお店を査定してみよう!↓
・解約予告を出す前にご相談下さい。飲食店の居抜き店舗なら高く売却できる可能性があります。 ・弊社に物件情報をお寄せ頂ければ無料でテナント候補様を紹介させて頂きます。 ・結局自分の店舗はいくらで売れるの?という方。こちらの6つの質問にお答え頂くだけでおおよその目安を知ることができます。
資金調達の不安はこれで解消!

自己資金が不足している。銀行や公庫融資が希望どおりに下りない。なるべく手元に現金を残して開業したい。そんなご希望かなえます!

【ご登録フォーム一覧】 3ヶ月以内に東京へ進出したい↓

TOPへ戻る

メニュー

●はじめに(ご利用上の注意、免責事項)

















ここでは、基本的な考え方として「キャッシュフローの3年分+設備投資簿価残=店舗価格」という究めて簡易な算定方法で算出しています。
当サイトで計算された店舗価格は、あくまでも簡易なシミュレーションであり、実際の店舗造作売買、M&A取引において、当社は何ら一切の保証をするものではございませんので、ご理解のうえご利用頂きますようお願い申し上げます。
また、実際の売却価格は、営業されている店舗の業態寿命や過去の売上・利益実績のトレンド、投資設備の実際の利用価値や中古販売価格(時価)、立地のプレミアムなどを総合的に判断して決定されますので、ご注意下さい。

●あなたの店舗を査定してみよう!
 (下の1〜6の空欄に金額(単位:万円)をご入力の上、「計算」ボタンをクリックして下さい。)

1.返還保証金 = 万円
  例:保証金2,000万円、解約時償却10%の場合
     2,000(万円)−200(万円)=1800万円

2.設備投資簿価残 = 万円 
  注:客観的時価評価ができる場合は時価でも可。

3.設備リース残高= 万円
  例:月額2万円、残期間15ヶ月の場合
     2(万円)×15(ヶ月)=30万円

4.営業利益 = 万円/年

5.減価償却費 = 万円/年

6.役員報酬調整額 = 万円/年
(代表者=店長で、一般的店長給与を超えて受け取っている場合その部分を調整)
  例:一般的店長給与400万円/年として、役員報酬として600万円/年受け取っている場合。
     600(万円)−400(万円)=200万円


(↓クリックで自動計算)


年間キャッシュフロー =( 営業利益×1/2)+減価償却費+(役員報酬調整額×1/2)
              = 万円

店舗価格=保証金返還+設備投資簿価残−設備リース残高+(年間キャッシュフロー×3年)

       = 万円(返還保証金含む)

Copyright (C) 2014 Revive Corporation. All Rights Reserved.