メールでのお問い合わせ、ご相談はこちら→info@revive-jp.com    プライバシーポリシー    サイトマップ      会社概要


閉店をお考えの経営者様↓ テナントをお探しの家主様、不動産業者様↓ 自分のお店を査定してみよう!↓
・解約予告を出す前にご相談下さい。飲食店の居抜き店舗なら高く売却できる可能性があります。 ・弊社に物件情報をお寄せ頂ければ無料でテナント候補様を紹介させて頂きます。 ・結局自分の店舗はいくらで売れるの?という方。こちらの6つの質問にお答え頂くだけでおおよその目安を知ることができます。
資金調達の不安はこれで解消!

自己資金が不足している。銀行や公庫融資が希望どおりに下りない。なるべく手元に現金を残して開業したい。そんなご希望かなえます!

【ご登録フォーム一覧】 3ヶ月以内に東京へ進出したい↓

TOPへ戻る

メニュー 多店舗化・フランチャイズ
















3店舗、5店舗と店舗数が増えていくと検討すべきなのが、このまま直営(RC)方式で増やしていくかフランチャイズ(FC)方式でいくかということです。

また、ライセンス方式、のれん分けという方法もあります。いずれの方法もメリット、デメリットがあります。

業態の特徴として、オペレーションが容易で習得にさほど時間がかからず、社員1〜2名で十分に
運営できるものなら、フランチャイズ方式が向いているでしょう。

逆に、オペレーションが複雑で習得に時間がかかり、社員2名以上が常時必要な業態なら、直営方式かのれん分けに向いていると言えます。

最近は、直営とフランチャイズの間をとったライセンス方式で店舗展開する企業が増えています。

これは、店舗名(屋号)を各加盟店舗に自由に付けさせる等して、フランチャイズだと各店舗の個性が発揮しにくい弱点を補うという意味合いがある一方、管理が難しいフランチャイズ加盟店によって、チェーン全体のイメージが損なわれるリスクを回避するリスクヘッジの意味合いもあります。

弊社の代表は、FC本部、FC加盟店、FC本部立ち上げコンサルタントの三方向の立場で、また社員独立制度構築にも豊富な経験がございます。

ネット上ではできない話も沢山あります


ぜひ一度弊社の無料相談にお越し下さい。






Copyright (C) 2014 Revive Corporation. All Rights Reserved.